FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家地蔵からのスト修行編

この回はいきなり家地蔵になってしまった話

気の合う合流仲間もでき、万全な状態になったはずなのにその直後家地蔵になってしまった

ナンパしなきゃと思いつつも何か気分が乗らない、だるいと感じてしまう

2ちゃんのスレをみて悶々とする日々

イ、イカンイカンぞっ


合流のメールがきてもスルーしてしまったり、停滞期でしたっ

この時の心理的要因を思い返してみると、成功体験の少なさによるストに対する疑問と元々対人恐怖症だった事により、精神的疲弊が人一倍大きかった事からによると思う

基本的にはひきこもっていたいタイプなのだっ
家で本を読んだり、DVDを観たりする生活は素晴らしい!!


中々出撃できなかったこの時期もナンパへの未練は捨て切れなかった

街へでて女性に声をかけるなんてひきこもり時代の自信も何もない自分からは考えられなかったことだ
ここで止めたらまた元に戻ってしまうという恐怖心もあったのかもしれない



そんな時sのさんからお誘いがあった

いや~この当時の自分は一人で声かけするのは本当に抵抗があったのでだったら誘ってやるべきだったが、なんというか基本的に怠惰なのだ


そして再びストを再開する事になる

その時考えたのだが、毎回10人程度しか声かけ出来てなかったので、それじゃあ成功するわけが無い
とにかく声かけの絶対数を増やそうという事でルールを設けることにした

毎回○○人以上には絶対声かけ出来なければラーメンを奢るというものだ
これなら目標も明確になるし、強制力もかかる

ナンパを辞めて行く人はちょっとやって俺には無理だとすぐに諦めてしまう
そりゃ上手く行くわけないよ


初心者でなおかつ声かけ数も少ないとは上達も難しいだろう

継続するというのは本当になにより大事な事だと思う


かくしてナンパ修行の日々が幕を開ける






スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

様々な合流者

ナンパ講習を受けて自分が凄い変化を遂げたと思ったがそうではなかった

やはり自分一人で街にでて声をかけるという事には非常に抵抗がある

潜在意識に街でいきなり女性に声をかけるなんてありえないという観念が染み付いているからだ

やはり人間は変化することを恐れ、現状維持しようとするシステムがある

 
とくに二年間も断続的にひきこもっていて、人と喋る事もあまりない生活を送っていたため、人に対する耐性がまるでない所からスタートしたので、それも当然かもしれない


課題はとにかく数多くの女性に声をかけなければならない
声かけも今はまだまだ成功するレベルのものではないし、声をかけなければそれも鍛えられない

なので合流して、更に一緒に頑張れる相性のいいナンパ師を探そうと思った

そして後に自分を変えるきっかけを与えてくれるナンパ師に出会うことになる


その頃週末は結構sいさんとナンパしていて合流者を連れてきていてくれてた
結構初心者の人も多く、一回限りの人もいたがやはり新しい人と一緒にやるのは刺激になる


ナンパ師同士の相性もあるし、いい経験になった

その中でsのさんとの出会いを記しておく

sのさんはsいさんが合流させてくれたナンパ師でどちらかというと女性に縁がなく、ナンパをするのは初めてだという

ナンパを修行の意味合いもこめて、始めたという

話もそこそこにナンパ

話しかけた人数は多くないがチョコチョコ声をかけていく

sのさんと怖くて出来なかった2対2ナンパも実践

上手くいかないけどガンシカはあんまりないぞっ
結構楽しい

ナンパは慣れないうちはやはりテンションに左右されるので一緒にいて合う人と合流出来るのが望ましい

二人組み声かけしていると、立ち止まってくれた娘達がいて旅行中でお土産を買いたいらしい

東急ハンズに連れ出し、初連れ出しやで~二人組みだけど

いや~女の子と買い物とか久しぶりでちょっと嬉しかった(*゚▽゚)ノ

その後カラオケに誘うももう帰るとの事でグダ

あんまり東京にも来ないとの事でバンゲせずに解散

その後は声かけするも上手く行かなかったので終了

sのさんと帰宅、家も近所だし、彼との出会いは僕に大きな飛躍をもたらすきっかけを与えてくれたので感謝している

ナンパ講習なるものを受けてみた

前回の記事のsいさんにナンパ講習受けてみればと進められて、色々調べてみたがはー世の中にはこんなにナンパを教える塾があるんだなーと思う程沢山あった

しかもどの塾も高額
興味はあるが手がでないしかし興味はあるっ

こうした堂々巡りをしつつしばらく探しているとジェイソンのナンパ塾なるサイトにたどり着いた
ちょっと怪しげに感じたが、初回講習5千円との事なので「まー受けてみるか」という事で申請

初のナンパ講習に期待は高まる!!!!



そして当日
受講生がもう一人いるとの事で少し早めに向かうと、そこにはなんとsいさんが「いやー俺も受けちゃったよ」とかいってる

そしてジェイソンさんもきたみたいで合流すると、なんかかわいらしいジャニーズ系の人だった
しかも30代らしい


ジェイソンさんは誠実ナンパを主としているらしい
自分はお笑い系でいくつもりだが、まだまだ声かけするのに震えている状態なので確実にすべる


ならば自分もまずは誠実に自然に話しかけられるようにジェイソンさんの誠実ナンパを盗ませてもらおう


そしてジェイソンさんおススメの場所があるとのことなので移動、地下で人通りは結構多いところでした
スペースも取れてるので話しかけやすい


そして早速声かけをみせてもらう
スーっという感じで本当に自然だ

自分の突っ込んだような入り方とは全然違う

トークは普通な感じだがジェイソンさんをみていると誠実そうにみえてしまう笑


その後は私とsいさんが指名してもらいナンパ

指名されてるんだからいかねばと普段は躊躇してしまう状況でもなんとか声かけ

やっぱり指名はいいね

強制力が働くと人の動きは全然変わってくる
声かけ出来ないときいかにこの強制力を働かせるかが課題だと思った


sいさんが指名された子にいくと結構反応が良く、盛り上がっている

どうやらブーメランだが成功したようだ

ここ最近何の成果もない私はそれだけでジェラシーを感じてしまう・・ううう


その後もちょこちょこ声をかけるがボウズ


結局この日は何もなかったが声かけの雰囲気などを掴むには受けてよかった
それと強制力

実際に一回受けただけではあまり変わらないが、金を払った事によりモチベーションの維持等できる点でもよかったと思う




初合流

さてさてみなさんいかがお過ごしですか??
私は寒いけどナンパ頑張ってますよー

もう少ししたらナンパゴールデン期がくるのでそれにそなえて頑張りましょう!!


今日は初合流の話

初バンゲ後(アポにはつながらないので死に番)も一人でナンパをしていたがやっぱり全然話しかけられずに街を散歩するだけになってしまう
それでもダイエットになるし体力はつくからまあ無駄にはなってないけどあまりにも非効率である

だからどうすればナンパで声かけをを出来るようになるのか考えた


そうして2ちゃんのナンパスレをみているとなんと一緒にナンパやりましょうと合流者を募っているではないか

これだと思ったがやはりネットで人と会うのは怖い
イカツイ人だったらどうしようとか思ったがとりあえずメールしてみた


そしたらわりと早めに合流できるようになったので早速新宿で合流
sいさんという30代半ばの人でナンパ初心者という

服装はお洒落でイケてる三十代って感じだった
地蔵トークもそこそこに早速各自ナンパ開始


新宿のルミネでやってたがスト高多すぎやで
ビビッて全然話せなかった汗

その後も全然話せなかったが合流者も頑張ってるのにこれじゃいかんと思い、なんとか話しかけるもガンシカその後もちょこちょこ話しかけるがガンシカの嵐、新宿つめたいよ(ノ△・。)


だけど最後に話しかけた女子大生が「すごくかわいかったので話しかけたんですけど」で少し喜んでいたので満足

sいさんとも仲良くなれたし、今後のナンパライフに少し活路が見出せた気がした





初バンゲー

ひさびさの更新になってしまった
最近忙しいんですホント



ナンパもそうだし、仕事も20を超えてからは時間が過ぎ去るように感じるのは本当ですね
とはいえそれ以外は自堕落な生活を送ってました汗


女友達皆無、元ひきこもりの自分が女性とよろしくやろうと思えばほんま頑張らねばならんので一番大事な継続力を磨いていきたいです



ナンパを始めて何度も傷ついて、自分の卑小さや無力さに何度も悩み、精神不安定な状態が続いたけれどその全てを含めてもナンパをやって良かったと心から思う



女性への幻想など色々打ち砕かれたものもあったけれど・・・


さて今日は初バンゲの話
初めて声をかけた後も予備校付近やら他にも地元近くでナンパを続けていたが元々街で人の群れにいると震えあがるほどのひきこもりである

ほとんど声もかけられずウロウロしていた


しかしそうこうして街を徘徊しているとフラストレーションがたまる
こんなことをしていていいのかという気持ちになってくる


そして声はかけられなくとも女性の後ろをくっついていったりだんだんと積極的に行動できるようになった
全然声をかけられなくともやはり街に出てみることは大切である


そして授業が終わったのか予備校から女子高生が出てくる
うおおーーー

アツいアツいぞ~
これは行くしかない


そう決意したものの全然駄目である
やはり声がかけられないのだ

意気消沈していると女子高生が一人立ち止まっている
これは絶対に声をかけなければと思うがやはり躊躇してしまう


しばらくしているとJKが歩き出す
これはもう我慢の限界で「す、すいません。よかったら今からお茶しません??」

駄目だこりゃ(w_-; ウゥ・・と思いきや

「今急いでるんでメアド交換ならいいですよ」


これにはビックリで赤外線交換しているとき手が震えていたと思う
しばらく放心状態で感無量である



どんな声かけでも声かけをすることがなにより大事だなと確信した一日だった

プロフィール

無限の出会い

Author:無限の出会い
元ひきこもり、ニート、アダルトチルドレンのナンパ師ですっ
コミュ障で対人恐怖症だったけどナンパでそれを克服
女性に良くも悪くも出会いを提供できたと思います
一時ブログは休止中です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。